副業で正しい被リンク(サテライト)サイト作成します科

投稿日:

ワードプレスの扱いやHTMLの基礎知識やプログラミングなどを簡単に覚えて、少し要領が良いとホームページの制作を副業にすることが可能となります。

そこには単にホームページを制作するだけに留まらない附帯作業が発生するからです。

主な附帯作業

  • ヘッダー(画像)の制作。
  • お好みのデザイン。
  • お好みの動作・レイアウト。
  • 投稿記事の執筆。

私はある一定期間、副業としてココナラというサービスプラットホームに参加してHP制作の依頼を受けていました。

  • 素晴らしいことに何のトラブルもなく1ヶ月20万円以上の副業収入があるにも関わらず、ヤル気を失ってしまいました。(すごいバカです)
その様々な附帯作業の中でも秘密のベールに包まれている「被リンクサイト」「サテライトサイト」の作成方法を公開いたします。

副業で正しい被リンク(サテライト)サイト作成する方法。

注:この記事は「被リンク」の特性をご存知であることを前提としております。

正しい被リンクの受け方

  1. 自然な被リンクであること。
  2. IPアドレスの異なるサイトであること。
  3. 1サイトから1発リンクが理想。
  4. 同業種のサイトが効果的。
  5. せめて記事が類似のテーマであること。
  6. 旧PR(ページランク)は今も健在(なはず)です。
    ちなみにこのサイトドメインは中古ドメインでPR4です。

というのが、過去の経験や相対的な比較や現象などからグーグルの基準(アルゴリズム)と考えられています。

グーグル社が運営する検索エンジンですので、グーグルのアルゴリズムはホームページ制作会社でSEOに携わる人にとっては掟に等しい鉄則とされています。

被リンク・秘密のベール。

被リンク・秘密のベール

掟に背くと大変なペナルティが課せられます。

検索順位が1つ下がっただけでも収益(集客)が変るビッグキーワードの場合は、まだ盛り返そうと頑張れば回復可能ですが、最悪のペナルティとして検索順位が圏外になってしまうこともあります。

これを「圏外に飛んだ」と言います。

グーグル社の方針による「パンダ・ペンギンアップデート」などで検索順位が変動する場合もありますが、その場合は競合相手も検索順位が大きく変動します。

が、この「圏外に飛んだ」は、自分のサイトだけが検索順位が大幅に下降することを意味します。

その多くの原因が(経験上)誤った被リンクだと思われます。

秘密のベール誤った被リンク

  1. 作為的・不自然な被リンク。
  2. 金品で購入した被リンク
  3. ツールソフトなどで生成された被リンク。
  4. 同一IPのサイトからの被リンク(効果なし)
  5. リンク専用サイトからの被リンク。
  6. トップレベルドメイン以上が同一のサイトからの被リンク。



真実はグーグル社のみ知るとなりますが、経験上またはSEOに携わる方々では通説的な例となります。

ということは巷で得れる情報で「被リンク」を得ることは非常にリスクを伴うということになります。

また、上記の例に一度でも紐づけされた場合には、解除(回避・否認)をして対抗措置を試みることはできますが(経験上)概ね作り直したほうが賢明(時間と労力を勘案)だと思います。

そこで副業サテライト作成となります。

副業でホームページ制作をしている過程で、依頼者から「次もお願いします」と言われることがあります。

目的としては「本サイト」で検索上位、その本サイトに誘導するサイトを制作して欲しいということです。

「2つとも検索上位にして欲しい」という欲張りな依頼もありますが、私はこう応えます。

同じキーワードには1運営者の1サイトしか検索上位になりません。

そうしますと依頼者は「それじゃキーワードと地域を狙って欲しい」となります(自然な発想だと思います)。

そうして完成する2個めのホームページがサテライトサイトという被リンクを与えるサイトとなります。

副業で制作する側としては、最初のホームページを例えば5万円で製作したとすると、2つ目の受注もやはり同額で2倍の売り上げが発生するのです。

その際は(経験上)より効果的で、グーグルの掟を守るように作成します。

最も初歩的なところでは「同じサーバーでワードプレスをインストールしない(IP分散)」です。

そしてやはり「シリウス」よりもワードプレスのほうが検索に強いです。

  • デザイン重視であればWix等もお勧めできますが、何らかの収益や集客、効果のないサイトは存在しないと同じと考えるタイプです。

つまり、考えられる限りの被リンク効果としては、サテライトサイトを自分で作り被リンクを与える(安全確実)ということになります。

これを自演(自作)リンクと言います。

本格的な被リンク群の構築。

上記の秘密のベールを意識して回避して作成することになります。

具体的には、どのような被リンク群(サテライトサイト)が効果的かと申しますと・・・

効果的な被リンクサイト

  1. IPアドレスの異なるサイト。
  2. トップレベルドメイン以上が異なるサイト。
  3. 関連業種のサイト。
  4. 内容が充実しているサイト(1記事の文字数が1500程度~が理想)
  5. オリジナル文章であること。
  6. 発リンクは1サイトだけに向けること。

などを注意しながら作成するわけで、ここまでで本来の副業のホームページ制作から2倍の料金が発生しており、また記事執筆もある程度のSEO対策の理解度を要しますので、代行執筆(ゴーストライター)を依頼されることもありますので、2倍・3倍の副業収益となります。

またこのような理屈をご存知の方(主に稼いでいるアフェリエイターの方)は、最初からサテライトサイトを丸ごと大量生産して欲しいという依頼もあります。

そして、そういう方は「SEO対策の限界」と家電製品のようにサイトにも最初から「当たり外れ」があることもを知っています。

おススメの方法

私は、あるサイトを検索上位にしたく(実際に2位まであげました)サテライト群を8つ~10個ほど自作しました。

そのうち内容を充実させて継続して投稿(更新)しているサイトは2つのみです。

その頻度も1ヶ月に1~2回です。

(一時代前は特に)被リンクサイトは検索上位に大事な要素ですが、今の検索エンジンの掟としてより重要なことは「量より質」と言われています。

500文字の記事を100個より5000文字の記事1つのほうが、サイトの評価は高まります。

つまり量より質であれば・・・質の高い被リンク(サテライト)サイト群を大量に構築していくことがベストです。
  • 尚、グーグルのルールは法律ではないから守る必要ない(気にしない)という方は、それはそれで正しい考えだと思います。

借金相談・減額シュミレーター

もう相談しましたか?

実は 5人に1人が無料でやっている街角法律相談。

無料 借金減額シュミレーター

借金減額シュミレーター

副業で借金返済しているお金は、本来「貯蓄」しているお金です。

病気や大怪我など万が一副業収入が途絶えた時の為に、専門家に相談しておくと安心です。

借金減額シュミレーター

街角相談所 -法律-

借金相談 専門家

副業が起動に乗って生活していける見込みがつい時や、2ヶ月先の借金返済にメドが立っている時こそ返済計画を見直すチャンスです。

借金返済 弁護士相談

-副業 専科, WordPress女子
-

Copyright© 副業ブログで借金返済しま専科 , 2019 All Rights Reserved.