hタグのルールとコード記述(ワードプレス女子の中級レベル)

投稿日:

ブログを(読む)書くにあたり「見栄え」というのものがあると思いますが、その見栄えがデザイン性となりますと・・・

検索エンジンがブロガーの気持ちの簿妙なニュアンスを汲んでくれないことと同じく、Googleボットは画像やデザインに優劣をつけません。

ですので、ワードプレスが検索に強いといえど「その強いもの同士」が、ひたすら文章のクオリティ(ユニーク性)で検索上位を競うことになります。

その文章の優劣は(一部の目視を除き)、人の評価(感想、感情)に関係なくGoogleアルゴリズムの数値で決まります。

検索エンジンが文章の優劣を決める数値は、主に訪問者の「滞在時間」です。

滞在時間が長ければ、その文章は「良い情報が書かれている・・・はず」という判断がされます。

そういった意味では、読みやすい「見栄え」デザインは重要になります。

つまり、ワードプレスのSEO対策が同じであれば「ひたすら文章を書くしか方法がない」となります。

そこで少しでもブログを読みやすくして、1秒でも長く訪問者に滞在してもらうための装飾コード(HTML、CSS)をご紹介いたします。

一応、私が制作アドバイスするワードプレスには、プラグインAddQuicktagでワンタッチでコード挿入できるようにしてありますが、テーマ(テンプレート)によってはCSS編集やPHPファイルを少し調整を必要とする場合があります(基本そのままコピペして使えます)


ワードプレス公式プラグイン サイト

見栄えとは関係ないhタグ見出しの使い方とルールの説明

hタグの囲み方。

上からh2・h3・h4タグ見出しで囲むと下記のようになります。

h2タグ 見出し例 あいうえお

h3タグ 見出し例 あいうえお

h4タグ 見出し例 あいうえお

これもワードプレスでは様々なデザインがあるのですが、hタグはブログのデザインではなく、検索エンジンに対して見出しであることの「文章の区切り」を教える役目があります。

けして文章が長くなったから区切るというものではありません。

hタグ見出しコードとルール

hタグは2→3→4という降順で並べることが相応しいルールとされています。

ワードプレスの多くは原則として記事のタイトルがh1となりますので、h1は原則として1個だけとします。

その下にh2(中見出し)で始まります。

次に見出しを使う場合は、降順ルールですので、h2→h3→h4となります。

NGルールが、h2→h4→h3という見出しの付け方です。

そして、見出しを元に戻す(文脈が本線に戻る)場合は、h3→h2・h4→h2に戻してください。

この場合は、降順ルールを除外します。

結果的にはh2とh3だけの見出し文章ですと間違いがありません。

また、SEO的なブログ記事となりますと、記事タイトルが記事内容を説明していることが大事ですので、見出しの数字が増えるということは、その分h1(記事テーマ)から内容が離れていく(深くなっていく)ことになります。

SEO(検索上位)を意識した副業ブログの青写真と書き方

そうしますと文脈が脱線する傾向も高まりますので、h2とh3ぐらいまでの文章構成でいいと思っています(hタグは6まであります)

hタグ、連続使用のルール

h2タグの場合は何度連続で見出し使用をして構わないのですが、そこに適切に目標キーワードが含まれていますと「記事が引き締まります」(強力になります)

ですので、「何を評価されるか分からないわけだからオールh2で書く」とう人もおります。

またh2→h3→h3(連続)の場合は、あくまでh2に対するh3であって、h3の話しの続き段落としてのh3ではありません。

その場合はルール上はh4となります。

h3連続文章より、h2連続文章の方が検索結果がよい体感値を持っています。

つまり最初の起点がブログ記事のタイトルh1とし(ブログによってはh2の場合もあります)

そこから降順ルールに沿って、見栄えではなく文章の見出しとしてh2→h3と適切に使用していきます。

ただしこれはグーグルという私企業向けのルールであり、必ず遵守しなければならないことではありません。

ごく稀にルール無視の無茶苦茶な記事がBingで検索上位になった結果、グーグル(Yahoo Japan)で引っ張られるように上昇する場合もあります。



文字を強調・装飾する基本コード

適切に文字(キーワード)を強調させることで、hタグ内のキーワード並みのSEO訴求力を持ちます。

  • 上から順に標準文字:あいうえおの場合。


    太字強調:あいうえお

    文字サイズを80%縮小:あいうえお

    太文字の赤色指定:あいうえお

    文字の背景色の指定:あいうえお

    文字に下線:あいうえお

    文字にドット線:あいうえお

文字の強調コード

#ffffff という#の後ろの6文字がのカラーコードですので数値を差し替えれば色が替わります。

カラーコード

文字強調は、すべて重複して使えます。

以下は、ブログのSEOに直接関係ないですが、見やすいデザインで訪問者の滞在時間を稼ぐコードです。

ワードプレス ショートコード公式プラグイン

ワードプレス テーブル作成 公式プラグイン

そのままコピペして使えるものはお使いください(要プラグイン)

次のページへ >

-WordPress女子
-

Copyright© 副業ブログで借金返済しま専科 , 2017 All Rights Reserved.