借金返済と副業の方程式

投稿日:2017年9月1日 更新日:

副業で収入を得るという事は、本業の収入の他に何か仕事をしてという、いわゆるダブルワークをしての収入アップをまず最初に思いつくはずです。

例えば、会社帰りにコンビニでアルバイトや仕事の休日を利用してのアルバイト等。

そういう労働力(時間)を提供する代価としてのダブルワークで副業収入を得ることは、借金返済を抱える多重債務者には「当たり前のこと」です。

お金を借りる方も、借りる時は「絶対に返す」と心から思ったはずです。

お金を貸すほうだって、「それぐらいの事はしてでも返済してくれるだろう」と信用して貸してくれたのです。

借金返済と副業の方程式。

  • 本業+副業=借金を返済しながら生きていくお金
  • それプラス副業(トリプルワーク)→完済への近道

つまり借金返済のための副業とは、ダブルワークは当たり前で、その上でいかにトリプルワークの収入を増やして完済期間を早めるかというものです。

ですので、多重債務者の副業方程式は、ダブルワークOn the3つ目の仕事ということになります。

繰り返しますが、お金を貸す立場になって考えた時、これぐらいはしてくれないと困ります。

それは人類が「お金(物)を貸す・借りる」という知恵がついた時から、将軍や王様から、武士や商人、農民や奴隷・・・現代の賢い小学生でも分かる本能(誠意)です。

が、しかし、世の中そう上手くいくことばかりではありません。

このブログの借金返済の副業方程式。

「借りたものを約束通りに返す」そのために誠心誠意を尽くすということは分かっていても、それが今はできないという状況になることもあります。

ダブルワークでも生活苦、お金を借りたはいいけど最初から返すアテのなかった人や、働きたくても働けない育児中(なのに借金してる主婦)や、予期しない(引きこもりを含む)病気や怪我で働けなくなって借金返済に苦労している方に、副業が本業の収入を凌ぐほどになって元気になってもらおうとするブログです。

このブログの副業方程式

  • 借金を抱えて働けない人
  • 返済が追いつかない人
  • 人知れない事情を抱えている人
  • 副業を極めたい人

でも、人よりお金が欲しい、それほど執着はなくても少なくても「今は必要」という様々な諸事情を抱えた(私のような)人のための、「今より+返済の足し=いずれ本業を凌ぐ副業収入」を方程式とした副業ノウハウブログです。


次世代の副業の方程式。

基本的に個人的には「時間が余っていれば、働いて時給をいただく」のが1番と思います。

私も多重債務全盛期にはダブルワークで働きづめで窮地を抜け出しました。

でも今の時代は、一流企業にお勤めのサラリーマンやOLが在宅と称して、副業として賃貸経営や株式投資を「副業と言い張る時代」です。

つまり次世代これからは、本業・副業という区別なく、収入源が多いほうが良いマルチ的(多様)な能力が求められるような気がしています。

何が起こるか分からない未来のために。

世の中にはお金より大事なものがありますけど、今そのお金で借金を返済しないと、今より先がない人(私のような人)のための副業ブログです。

(過酷なぐらい)借金返済をしていくことは、その期間の生活の(人生の)楽しい時間や自由な時間が奪われたり、失ったり減ったりします。

「棒に振る、ドブに捨てる」ということにならないように、借金返済で奪われたり、失ったり減ったりするマイナスな時間をポジティブに変えるには、今はお金こそが励みであり希望です。

借金が返済しきれない人でも100円で宝クジを購入する行為は無駄使いをしているのではなく、日常生活の折れそうな気持ちの中で「夢を見る・希望を持つ・一発逆転」の心理で、自分を励まし希望(少しの希望)を持とうとしているのだと思います。

というような事だけ1点を、あちらこちらのブログサイトで書き散らかしています。

次世代の借金返済のための副業

2003年に労働者派遣法が改正されて、今はいつの間にか正社員で雇用されることがステイタスなほどに収入格差が広がっています。

また企業の風潮としてもこれまでの「終身雇用制度」が希薄となり能力主義が採用される傾向が強いため、もはや従来タイプの住宅ローンの支払いが、いつだって滞る危険に直面している時代です。

しかも収入が減少したからといって、易々と転職ができるのは一部の優秀な人材で、多くの人が収入が減少したら「労働力(時間給)」で補うしか方法がないのです。

または配偶者が職場に非正規雇用(パートタイマー)で復帰して家計を支えるという時代です。

そのような先の見えないライフプランの中で生きていくことになります。

加えて超高齢化社会ですので、誰しも長生きします。

例え正規雇用されて無事に定年まで勤めあげたとしても、その退職金と年金だけで、残りの人生30年~40年を不自由な気持ちなく暮らしていくには、何千万円という貯蓄が必要になります。

老後に必要な貯蓄(貯金)

そして老後に想定外の大きな支出がありますと、すべてのライフプランを見直さなければなりません。

その時に副業で収入(貯蓄)を補おうとしても従来型の副業スタイルでは手遅れなのです。

従来型の副業

  • コンビニ等のアルバイト(ダブルワーク)
  • テレフォンオペレーター
  • MLM(マルチレベルマーケティング)
  • スマホ等のネット収入
  • 内職

時間という労働力を提供して代価が収入となる副業では、長い生涯の万が一の際には手遅れとなり、まして借金返済を抱えてしまうほどの想定外の支出であった場合は完全にアウトです。

これからの借金返済の副業

それは完済後も見据えて生涯に渡り取り組める副業であることが、次世代の借金返済と副業の方程式です。

それは「権利型の副業」です。

権利型とは、よく資産ブログという言葉があるように、「今してる副業を積み重ねることで将来の資産(権利)として収入が入ってくることです」

次世代の借金返済の副業と方程式

  1. 副業+副業で借金返済をする
  2. その副業は借金の完済後も続けることができるものであること
  3. 定年がないこと
  4. それは時間が経てば絶つほど、権利収入化されていくもの



中古アパートの利回りや、よく聞く「牛の権利」等でも良いと思うのですが、借金返済を抱えての副業のスタートは初期投資を極力まで抑えなければなりません。

その上で、将来の権利(資産)として成長させていける副業がブログサイト運営です。

不確実な人生だからこそ

終身雇用制度が事実上なくなりつつある社会状況の中で、「人生何が起こるか分からない」は、けして他人事ではない時代です。

そんな不確実な時代だからこそ借金返済にまみれてしまったことを思えば、この先、副業で完済したとしても不確実性は生きている限りつきまといます。

お金がすべてではないですが、お金がないことで侘しい思いをしてしまいますので、どうせ同じく副業で借金返済をするのであれば、その後も見通して生涯にわたって可能な(定年のない)副業に取り組むことが、今の借金返済の大変さの中の副業も希望に繋がると思います。

その希望を得るための次世代の借金返済のための副業として、定年のない権利収入(資産)ブログサイトで、これからの人生を「副業」で自信を持ちま専科というのが副業で借金返済をする方程式です。

借金相談・減額シュミレーター

もう相談しましたか?

実は 5人に1人が無料でやっている街角法律相談。

無料 借金減額シュミレーター

借金減額シュミレーター

副業で借金返済しているお金は、本来「貯蓄」しているお金です。

病気や大怪我など万が一副業収入が途絶えた時の為に、専門家に相談しておくと安心です。

借金減額シュミレーター

街角相談所 -法律-

借金相談 専門家

副業が起動に乗って生活していける見込みがつい時や、2ヶ月先の借金返済にメドが立っている時こそ返済計画を見直すチャンスです。

借金返済 弁護士相談

-借金返済 専科
-,

Copyright© 副業ブログで借金返済しま専科 , 2018 All Rights Reserved.