副業アドセンスのための広告表示を綺麗にする5つの方法

投稿日:2017年9月8日 更新日:

副業ブログで借金を返済していけるなら、完済後は今度はその副業収入を100%貯金に回すことができます。

基本的に借金ブログは「返済の記録(日記)」だと思いますので、完済すれば書くことがなくなります。

だからと言って「完済=ブログ終了=完全放置」しておいても副業収益が期待できるのがネット(ブログ)副業の良い面です。

その為には、何年でも完全放置しておいても大丈夫な広告収入と考えますと、切り替わりが早いアプリ系の広告(忙しい)より、読者の興味に合った広告を自動配信してくれるGoogle Adsenseが向いていると思います。

というわけで、ファンクションPHPを使わない簡単綺麗なアドセンス広告の貼り方の小技です。
スポンサーリンク

副業アドセンスのための広告表示を綺麗にする5つの方法。

ファンクションPHP(function.php)とは、ワードプレスのCSS編集画面にPHPファイルで、これを誤って記述しますと「画面が真っ白になります」

ワードプレスが表示されなくなりますので、サーバーのPHPファイルやファイルマネージャーで元に戻す作業が必要になります。

(他のCSS編集項目は、書き間違えてもワードプレスから修正できます)

なので、そのファンクションPHPを使わないで綺麗にアドセンスを表示する小技のまとめ(初級編)です。

その1.最初に、レスポンシブ広告の「型指定」の方法です。

アドセンスのレスポンシブ広告は、デフォルトのまま貼り付けても、それなりに見栄えよく表示してくれるのですが、「ここは細長く!ここだけは四角で!!」という指定もできます。

例えば、下記のように上下横のポートフォリオでアドセンスを囲みたいと思った場合などです。

アドセンス副業ブログ

https://debt-women.org/blog

その場合は、9行目のアドセンスコードの「auto」自動サイズ調整の部分を「rectangle」に変更しますと、自然と記事幅のサイズで表示されるようになります。

他に、縦長表示が「vertical」横長表示にしたい時は「horizontal」に変更すれば思った通りに表示されます。

上記のアドセンス広告は「auto」では表示分け(分岐)されにくい、パソコンとタブレットでは横幅一杯に、iPhoneやアンドロイドスマホでは枠内ピッタリの四角い表示がされています。

その2.パソコンとスマホで別々のサイズのアドセンス広告を表示することも可能です。

ワードプレスのサイドバーの横幅がどのテーマでも大体300pxですので、レスポンシブタイプではない広告で横幅が300pxを越えると、スマホビューで広告がはみ出してしまいます。

アドセンス広告の336-280は、スマホではみ出た分だけ画面が左右に揺れてしまいます。

そういう時は、上記のコードパソコンとスマホ(タブレット)で広告サイズ自体を替えて表示することができます(分岐)


その3.記事下のダブルレグタングル(横並び)

記事下に広告を横並びさせる方法は色々あるのですが、一番簡単な方法で上記のコード15行目~19行目を応用させます。

そのまま15行目~19行目のコードの下に、更にPCのみ表示コードを直下に書き込みます。

そうしますと綺麗にダブルレグタングルが実現します。

アドセンスに多いダブルレグタングルのサイズが「336-280サイズ」の横並びですので、記事幅が680px程度ですと綺麗に表示されます。

その4.PCとスマホが別表示できない場合のアドセンスの綺麗な表示方法。

原因として考えられることが、テーマ自体が元々パソコンとスマホ表示を分けてないということになります。

その場合は、ファンクションPHPの最後に下記のコードを書き足せばOKなのですが、今回はファンクションPHPを誤って操作して「ワードプレスが真っ白!」を避けて綺麗にアドセンスを表示することが目的ですので、プラグインを使い下記コードをワードプレスに読み込ませます。

プラグイン:Code Snippets
ワードプレスの管理画面からインストールできます。

プラグイン Code Snippets

プラグイン→新規追加→Code Snippets

ダウンロードはコチラ

プラグインを有効化させますと、設定画面からの操作になります。

プラグイン Code Snippets設定

Add Newをクリックしますと、HTMLコードを書き込む箇所が登場します。

そこがワードプレスのファンクションPHP(function.php)の代用となります。

多少操作を誤っても大丈夫で、もし誤ってしまった場合はプラグインを削除すれば復帰します。

広告や画像の分岐指定以外にも、PHP(function.php)を使う機会がある場合には、気軽に書き込めますので重宝するプラグインです。

そしてワードプレスがパソコンとスマホ(タブレット)表示を分岐するようになりましたら、下記のコードを直接記事に(ウィジット・CSS)書き込めばOKです。

その5.それでもスマホの広告表示が1cmズレる時があります。

その場合は力技で広告(画像を寄せます)

「margin」を使い、右にも左にも数字を入れ替えれば100pxでも200pxでもズラせます。

\ シェアしてください /

-WordPress女子
-,

Copyright© 副業ブログで借金返済しま専科 , 2017 All Rights Reserved.